英語学習録・週記予定

創作の幅を広げるための英語勉強、の記録

勉強準備1

daigo本読んだ

まずdaigo本を、2日でさらっと読んだ。
3日目に、チェックしておいた部分を、
調べるなり、まとめるなりした。

 

 

準備

手法などについて、色々とまとめた。
で、効率的な勉強方法について、ある程度は分かった。

が、……。
どうも、教材が不足している。


「まず、一週間くらい使って、
集中的に文法を学んでしまうのが良い」
という話なので、
オススメのDVDつき書籍を購入した。
これで、最初の一週間はきちんと勉強が出来るだろう。

……が。
その後、何をすればよいのか、分からない。

自分で教材を調べ、調達する必要がある。

一応、
「どんな教材が良いのか」という情報は、
漠然とはあるのだが……。

 

来週は、
教材の調査、及び調達に尺を使おうか。

一度、走り始めたら、
止まるのはきっと困難である。

せめて、
年末までの、大体の学習計画を立て、
その計画に即した教材を、最低でも必要量の4割程度は用意しておきたいところである。

いや、順番が逆か。

これから学ぶ、良い教材を選び、
そいつを使った効率的な学習方法を選択し、計画を立てる必要がある。

 

 

 

欲しい教材

・オーディオブック

他の勉強方法と併用することで、
聞くスタイルの学習も効果が出るという。

最近、特に聞いているものもないし、
隙があったら、英語のオーディオブックを積極的に聞いていきたいところである。

現在、笠原メソッドのCDがある。
こいつは、既に5回は聞いているので、
全体的な内容は、何となく把握している。

こいつを更に聴き込むのも、ある程度の効果は望めるだろうが、
それだけでは、全く足りない。
他の教材が欲しい。


どんな教材があるのか調査することに始まり、
必要な教材を、たくさん用意しておきたいところである。

 

 

▽本

いくつかあるが。
本屋に行って、適当に眺めるのが良さそうだ。

何か、学習に適した良い本が見つかるかも知れないし。

 
・英検関連書籍

英検を取ろうと思った時期がある。
もう、殆ど意欲は無いけど。

基本的な英語の知識と、それを試す問題という、お得なセット。
英語の教科書として、割と質が高いのではないか、と。

そんな風に思っている。

これをどう使うか、どんな効率的な学習方法を選択するか、
が肝ではあるが、
いずれにしろ、英検の書籍は、
英語学習をする上で、非常に分かりやすいものである様に思われる。

ということで。
現在、既に何冊かはあるが、
更に買い足す事も検討。

 

・その他の試験の書籍
 英語の試験は、英検に限らない。
 まだよく分からんが、何かあるだろう。
 英検と異なるテイストの、英語学習の教材として、そいつもチェックしていきたい。


・その他の英語関連書籍

 何冊か、英語関連書籍を持っている。
 中身を殆どチェックしていないので、そいつらもチェックし、

 使えるなら、採用していきたい。

 また、手持ちにないものでも、
 英語学習に適した書籍が、あるかも知れない。

 そういうものも、調べて、積極的に取り入れたい。

 

 

・辞書


辞書がねぇわ。
これは必携のものであろう。

が、英語の辞書と一口にいっても、
種類が色々、ありそうだ。

まずは調べる事から始めて、
より最適な辞書を選択し、調達したいところである。

 

 

・ゲームソフト

ゲームソフトでも英語を学べる。
筆頭は、DSのそれだろう。

……が。
これは正直、あまり期待していない。

というか、以前に英語学習ソフトはチェックした事がある。
で、非効率極まるものだったから、投げ捨てた記憶がある。

しかし、
まだチェックしていない、価値ある学習ソフトが眠っているかも知れない。

或いは、
じっくり取り組んでみれば、意外と、
昔は気づかなかった価値に気付く事があるかも知れない。

 

 

 

試験について

試験という具体的な、超えるべきハードルがあると、
勉強がやりやすくなる……かも知れない。

……が。
金が掛かるんだよな。

それに、時間も取られる。
というか、会場に行くのも面倒臭い。
試験に合格をした所で、何の自慢にもならん。何の価値も無い。

それに、
どうしても試験となると、総合的な英語力が求められるだろう。
つまり、勉強する気がない分野まで、手をのばす必要がある。


……まあ、一応は調べるが。
或いは、受けてみたくなる様な試験が、あるかも知れないし。

 

 

 

後期

創作ブログの方にも後期を書いている。
こっちにも後期を書く必要があるのかどうか。

第一、勉強はただの勉強である。

効率良く出来たか、否か。
他の手段に変えるべきか、否か。
コレ以外に記すべきことが、果たしてあるものか。

 

まあ、良いか。

とりあえず、項目だけは設けておく。
特に書く事がなかったら、「特になし」で良いだろう。