英語学習録・週記予定

創作の幅を広げるための英語勉強、の記録

先週と同じ

後期~今週の成果と来週以降の事

部屋の片付けに尺を使いたいので、
今週はこれまで。


勉強内容としては、先週と同じで、
過去問を1回分、和英翻訳しただけ。

 

今週は、
ロフトベッド処分、ラックの導入に尺を使った為、
英語には6割程度の時間しか使えなかった。

だが、先週と同じ分量が終わったのだ。
答えの英文を一発で当てたりする場面も増えている。

基礎英語力、一応は上がっているみたいだ。

来週も、まずは同じ作業をやろうと思う。
だが多分、先週よりもっと、尺が余る。
そうしたら、その尺で4級をやる。

再来週も同じ。
5級の過去問を和英翻訳して、
余った尺で4級をやる。

5級の過去問が終わるまでは、
このサイクルで行こうと思う。


サブの枠だから、
そんなにリソースも使いたくないし。

やることが単純であればあるほど、
作業にとっつきやすいし、余計な事を考えずに済む。

まあ、そこに至るまでが、
結構な苦労があったのだが……。

ともあれ。
しばらくは、英語の勉強は順調に進みそうだ。

 

あと。
火、水、木に、それぞれ勉強後の雑記があるので、
それを最後に記して、今週は終わる。

 

 

火)『ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語』

という本があった。

 

「What time is it now?」は、文章的におかしいらしい。

 

「I know ○○(人名)」みたいに、

「Know」だけだと、個人的に対象と深い縁がある意味合いになるのだとか。

他にも、
『一見すると普通そうに見える言葉が、ネイティブからするとおかしい』という例が、
いくつも紹介されているようだ。

 

ちなみに、「Know」については、
この本を紹介しているサイトとは別のサイトで調べたところ、
知人ではない場合は「Know about」を、名前くらいしか知らない場合は「Know of」を使うと良いらしい。
本に書かれているかどうかは分からないが。

ともあれ、
この本は、ぜひとも一読しておくべきだろう。

スラングも含まれているっぽいから、かなり面白そうだ。

 

 

水)関係代名詞/別れの言葉

いくつか深堀りしたが、
そのうちの2つをチョイス。


▽関係代名詞
直近の学習では、全く触れていないものだが、
微かに、中学の頃に学んだ記憶があるな。

代名詞との違いはなんだろうか。
4級まででは、学ばなかった……気がする。

一覧表だけ作っておいたが、
それ以上は、ちょっと勉強しにくい。


▽別れの言葉
see you again
これは、もう会わない相手に使うらしい。

普段聞いている英語CDでは、1回も聞いた事がないから、
多分、そうなのだろう。

英語CDの別れの挨拶では、
take care
see you later
を、覚えている。

ちなみに、
「別れ」というと、
farewell
も連想するが、

これはお硬い言葉で、
日本語にするなら「ごきげんよう」となる様だ。

KEYの『AIR』も連想するが、まあ割愛。

 

木)not very ~

「寒くない」なら、not cold

では、
「そんなに寒くない」は?

全く分からんかったが、
not very cold らしい。

「そんなに○○ではない」 = not very ○○
良く使いそうだから、覚えておこう。